【大学受験】受験期の友達との関わり方は?

  • 心構え

勉強机こんにちは。郷中塾の中原です。

高校3年生になると、

大学受験…
とうとう次は自分たちの番か…

と思うことでしょう。

そんな時に、先生方は必ずと言っていいほど、ある一つのスローガンを掲げます。

受験は団体戦!

です。

友達と高め合っていこう、という意図でつくられたものでしょう。

では、みなさんの周りには、どんな友達がいますか?

昼休みに一緒に大はしゃぎしたり、部活動で切磋琢磨したり、一緒に登下校したり…。

勉強の時はどうでしょう?

この記事では、私が鶴丸高校生だった時や予備校時代に、実際に友達と勉強してみてわかったことをふまえて、受験期間中の友達との関わり方について述べたいと思います。

 

1.理系の友達

理系男子

私は医学部に行くために理系を選択しました。

なので、勉強に誘ってくれる子は理系の子が多かったです。

同じ目標を持つ友達と勉強するメリットは、

・わからない問題を一緒に解いて議論できること

・説明し合ってより深く考え、答え方の視野を広げることができること

・大学の試験問題を一緒に分析することができること

などが挙げられます。

たくさんのメリットがあるなら、ずっと理系の友達と勉強すればいいね!

と思うかもしれませんが、実際に一緒に勉強してわかったデメリットもあります。

 

例えば、一緒に勉強している友達が、自分のわからない問題をすらすらと解けた時を考えてみましょう。

いやでもその友達と自分を比較してしまい、自分に自信が持てなくなったり、嫉妬してしまうことがあります。

嫉妬しても、それを勉強の原動力にできればいいです。

しかし、それが大きなストレスとなってしまうのであれば、気持ちだけ焦って勉強にマイナス効果になってしまいます。

私自身、友達と比較するタイプだったので、

私だけ大学受験に失敗してしまうかもしれない…

と悪いイメージに囚われ、焦っていた時期がありました。

嫉妬の矛先を友達や親に向けてしまって、イライラをぶつけてしまい、関係が悪化するかもしれません。

気持ちが焦ってしまう時は、自分だけの勉強に一旦戻って、穏やな気持ちで勉強することをお勧めします。

2.文系の友達

笛を吹く貴族

同じ目標の子と一緒に勉強したら焦ってしまう…

でも1人で勉強はあんまり捗らないぁ…ということが多かった私は、次なる手を考えました。

それは、あえて文系の子と勉強するという方法でした。

高校では文系の子と理系の子が混ざるのは1年生の時だけなので、私はその時にできた友達を勉強に誘いました。

中学でできた友達に会うのもいいかもしれません。

その時、文系の子との勉強ならではのメリットをいくつか感じました。

・文系科目が強い子が多く、国語、社会についての知識が深い

・文系の子に数学や物理基礎を教える機会があり、自分の説明力をつけることができる

・違う内容の勉強をするので、焦らず勉強できる

などが挙げられます。

私はこの方法でかなり救われたと思っています。

私は周りとすぐに比べてしまっていたので、気持ちの安定にはとても効果的でした。

気持ち穏やかに勉強したい人には、この方法を強くお勧めします。

3.友達と「遊び感覚で出来る勉強」

 

仲間と勉強する生徒たち
私は、勉強の集中力が続かない人間でした。

どうやったら飽きずに勉強できるだろう…

と悩んだ時も、友達の力を借りることで乗り越えることができました。

その作戦は、題して、「ジュースをかけた、古文単語、英単語対決」です。

学校で配られた古文単語と英単語の小テストを作って、次に一緒に勉強する時までに完璧にしておきます。

そして、勉強に飽きたなーと感じた時に、一緒に小テストを行い、正答率が悪かった方がジュースをおごるというものでした。

小テストといっても暗記の穴を無くすためにも、友達と決めた範囲は全て出題しあう方がオススメです。

勉強に飽きたけど、全然勉強が進んでないから休むのも罪悪感がある…というときもこの方法なら、飽きずに勉強することができました。

この小テストでの対決はとても効果があり、特に古文では、文章がすらすら読めるようになました。

単語以外でも、古文の文法、漢文の文法の小テストも効果があると思います!
是非一度試してみてください!

 

4.友達との息抜き

15分

勉強はもちろん大事ですが、勉強のメリハリをつけるためにも息抜きは大切です。

お菓子やご飯を食べるもよし、少し運動するもよし、おしゃべりするもよし。

友達とする勉強の合間の息抜きは、1人の時よりも楽しく感じます。

しかし、注意しなければならないこともあります。

それは「きちんと時間を決めること」です。

友達同士でおしゃべりするのはとても楽しいので、あっという間に時間が過ぎます。

そして、その楽しい時間につられて、もうちょっとだけなら良いか…と時間に気づかないふりをしてしまうことも多々あります。

15分と決めたら、必ず15分だけ休憩することを心がけてください。

家に帰った後に後悔しないような勉強をしてください。

休憩時間の友達とのおしゃべりも、ただの雑談ではなく、進路の話や苦手科目の勉強法などについて意見交換をしたりするといいと思います。
互いに良い刺激を受けて、学習意欲を高め合えるはずです!

まとめ

今回は、受験期間中の友達との関わり方について述べました。

1人の方が勉強に集中できる!

という人もいるかもしれませんが、それはそれですごいことなので、自信を持っていいと思います。

勉強に疲れてしまった時、

自分だけがこんなに不安な思いをしているんじゃないかな…

と思ったときにこの記事を思い出して、少しでも役に立ててもらえたら嬉しいです。

勉強スタイルはなんであれ、「目標は友達も自分も同じ」です。

自分の勉強にとって、友達は障害にも助けにもなります。

上手な付き合い方で、合格という一つの目標に向かって、友達と高め合える勉強ができることを願っています♪

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。